二人っきりになったときに甘い言葉を囁くと女性はキュンとくる

これは女性読者からの体験談です。

大学時代に知り合って、今も付き合っている彼のことを話します。

3年生になったある日、ゼミのみんなで都内の図書館へ行くことになった時です。その時私は、特に彼のことを意識しているということはありませんでした。図書館までは電車に乗って行くことになっていて、ただ単純にとても楽しみにしていました。その日は土曜日ということもあり、電車は結構混雑していました。二手に分かれて電車に乗ることになり、私は彼と同じドアから乗りました。

体が小さな私は、次々と押し寄せる乗客の波に飲まれそうになっていました。その時、彼が私の手首を掴み、ぐっと自分の方へと引き寄せてくれたのです。意識していなかったのに、その瞬間ドキリと心臓が飛び跳ねたのを覚えています。窮屈な車内なので、体は密着して、背が高い彼の胸の辺りに私の顔はありました。てっきり草食系男子かと思っていたのに、そのギャップにときめいてしまいました。男は、そういう強引さも大切だと思います。

しばらく経ったある日、今度はゼミのメンバーで飲み会をすることになりました。私は学校から少し離れたところに一人暮らしをしていたので、電車で通学していました。そのためそういった飲み会の時はたいてい終電で帰るので、その日もそうしようと思っていました。しかし、メンバーの中で唯一車を持っていた彼が、「俺が送るから、今日はもう少しいなよ」と言ってくれたのです。その言葉が嬉しくて、結局朝まで騒いだあと、彼に送ってもらうことになりました。その時初めて2人っきりになったのですが、やはり2人っきりというのは大事だと思います。

運転する横顔もまたかっこよくて、さらに2人っきりという空間にドキドキしながら送ってもらいました。初めは他愛のない話をしていましたが、「朝までいてくれてよかった」、「このままどこか出掛けちゃいたいね」など、ものすごく思わせぶりな発言をしてきました。付き合ってから当時のことを聞くと、全然意識してなかったし、本当にそう思ったから言った、などと言ってまた私をドキドキさせます。女の子と2人っきりで話す機会も全然なかったし、彼にとって私は初めての彼女なので、素直な気持ちを話してくれたそうです。
2人っきりになることができたら、少し甘く優しい言葉を言ってくれると、案外女の子は私のようにドキドキしてしまうかもしれません…。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *